開催レポート

< 開催レポート一覧

20201118-04 「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2020年11月18日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 ADL IADL
2 座位
3 座位の重要性
4 覚醒と座位
5 覚醒と座位 2
6 覚醒と座位 3
7 拘縮と座位
8 拘縮
9 筋力と座位
10 座位のリスク
11 座位により
12 例えば
13 排泄と座位
14 排泄と座位 2
15 排泄姿勢と腹圧のメカニズム
16 食事と座位−咀嚼・嚥下メカニズム−
17 第1相:
18 第2相:
19 食事と座位−咀嚼・嚥下メカニズム− 2
20 咀嚼
21 誤嚥
22 チェックポイント〜環境設定〜
23 立ち上がり動作の相分け
24 立ち上がり動作と関節角度
25 立ち上がり動作と筋活動
26 立ち上がり動作と筋活動〜第1相〜
27 立ち上がり動作と筋活動〜第2相〜
28 立ち上がり動作と筋活動〜第3相〜
29 立ち上がりの筋活動
30 座り込みの筋活動
31 動作観察のチェックポイント
32 動作観察のチェックポイント〜第1相〜
33 動作観察のチェックポイント〜第2相〜
34 動作観察のチェックポイント〜第3相〜
35 次回予告


PT_2020_1118-00.png

23
PT_2020_1118-23.png

24 立ち上がり動作と関節角度

   立ち上がりに必要な関節角度は??

25 立ち上がり動作と筋活動

   立ち上がり時はなに筋が活動??

26
PT_2020_1118-26.png

27
PT_2020_1118-27.png

28 立ち上がり動作と筋活動〜第3相〜

  ・抗重力伸展筋の筋力
   (大殿筋・大腿四頭筋・下腿三頭筋)

  ・股関節・膝関節・足関節の 協調的な伸展運動

  狭くなった支持基底面から重心が出ないように、筋力と協調性に働かせて重心を真上に持ち上げる

29 立ち上がりの筋活動

   関節モーメントと関節の動きが同じとき

          →求心性収縮


30 座り込みの筋活動

   関節モーメントと関節の動きが逆のとき

          →遠心性収縮


31
PT_2020_1118-31.png

32 動作観察のチェックポイント〜第1相〜

  ●体幹がしっかり前傾できてるか?

  体幹前傾・股関節の屈曲を行うには、骨盤の前傾が重要だが、仙骨座りだと骨盤が過度に後傾しており、
  体幹前傾・股関節屈曲動作が困難となる。
  よって動作実施には、背筋を伸ばし、骨盤前傾を促す運動から介入すると効果的。
  また高齢者で仙骨座りが長期間続いているケースは改善が難しい場合もある。
  そのため、前方に支持物を置いたり、足部を後方に引いたりして、重心が前方へ移動し易い環境を作る。


  ●足部は適切な位置にあるか?

  足部が遠くに位置していると、離臀時に重心と膝関節軸との距離が増大するため、大腿四頭筋の筋収縮が
  要求される。
  考えられる原因は、足関節背屈可動域制限、大腿四頭筋の過緊張や座位姿勢が後方重心であるため、
  バランスを取るために足部を遠い位置においている可能性がある。

33 動作観察のチェックポイント〜第2相〜

  ●離臀ができるか??

  原因として

   ・大殿筋や、大腿四頭筋、下腿三頭筋など抗重力伸展筋の筋力低下

   ・前脛骨筋の筋力低下

   ・体幹の前傾不足

   ・足部が前方に位置している

                  などがある


  ●下腿前傾ができない・維持できない

   ・足関節の背屈可動域制限

   ・下腿三頭筋の筋緊張亢進

   ・前脛骨筋の筋力低下

                  などが考えられる

34 動作観察のチェックポイント〜第3相〜

  真上に向かってに重心移動ができているか?

  真上に向かって重心移動するために必要要素は2つ

   ・大殿筋・大腿四頭筋・下腿三頭筋などの 抗重力伸展筋の「筋力」

   ・股関節・膝関節・足関節の「協調性」

  筋力がなければ、重心を持ち上げられず、動作が遂行できなくなる。
  また、筋力があっても、脳卒中片麻痺や小脳失調などで協調性障害がある場合、
  膝関節などが速いタイミングで伸展しまい、後方へふらついてしまうというケースも多々ある。

35
PT_2020_1118-35.png


問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。