開催レポート

< 開催レポート一覧

20201014-01 「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ3 臨床編」 

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2020年10月14日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 施術開始するまでの流れ
2 施術開始するまでの流れ 2
3 動作観察(評価)1
4 動作観察(評価)2
5 動作観察(評価)3
6 動作観察(評価)問診
7 動作観察(評価)触診
8 動作観察(評価)動かしてみる
9 動作観察(評価)持ち上げてみる
10 寝返り動作
11 良い寝返り動作
12 寝返り動作パターン
13 寝返り動作の相分け
14 どちらが容易に寝返り可能?
15 寝返り動作を実行する重要なポイン

16 寝返り動作を実行するための戦略は?
17 観察のポイントは?
18 寝返り動作の第1相_頸部の動きと肩甲帯の前方突出とリーチが起きるまで
19 寝返り動作の第1相_詳細
20 寝返り動作の第2相_上部体幹が回旋を始め、上側になる肩が下側になる肩の上に配列されるまで
21 寝返り動作の第2相_詳細
22 内腹斜筋
23 外腹斜筋
24 寝返り動作の第3相_下部体幹が回旋を始め、側臥位まで
25 寝返り動作の第3相_詳細
26 寝返り動作分析のまとめ
27 寝返り動作能力障害の発生が予想される身体機能障害は?
28 理学療法評価の対象
29 起き上がり動作_Sitting over
30 背臥位〜端座位 起き上がりパターン
31 起き上がり動作の相分け
32 起き上がり動作の第1相
33 起き上がり動作の第1相 2
34 起き上がり動作の第1相 3
35 起き上がり動作の第2相_片肘位(on elbow)状態から上肢を伸展して起き上がるまで
36 起き上がり動作の第2相_片肘位(on elbow)状態から上肢を伸展して起き上がるまで 2
37 起き上がり動作分析のまとめ
38 チェックポイント
39 起き上がり動作能力障害の発生が予想される身体機能障害は?
40 覚醒と座位
41 覚醒と座位
42 Question
43 筋力と座位
44 頸部筋・体幹筋の弱化
45 座位のリスク
46 座位により・・
47 例えば
48 座位とADL
49 排泄と座位
50 排泄と座位 2
51 排泄と座位_排泄姿勢と腹圧のメカニズム
52 排泄と座位_排泄姿勢と腹圧のメカニズム 2
53 食事と座位_咀嚼・嚥下メカニズム
54 食事と座位_咀嚼・嚥下メカニズム 2
55 食事と座位_咀嚼・嚥下メカニズム 3
56 次回予告

PT_2020_1014_00.png

1 施術開始するまでの流れ

医療情報・既往歴・現病歴の確認

問診

動作レベル確認(能力障害の程度確認)

機能レベル確認(機能障害の程度確認)

統合と解釈(障害構造の整理)

リハ実施(即時効果の確認)

治療効果の考察
(即時効果が得られた項目と得られなかった項目)

目標設定(予後予測)

ケアマネ・家族報告し理解を得る

2
PT_2020_1014-02.png

3
PT_2020_1014-03.png

4 動作観察(評価)2

身体分節の方向、身体分節同士の位置関係を上下・左右方向でとらえる

身体を頭頸部・上肢・胸郭・腰椎骨盤帯・下肢の5つの分節に分けて観察を行う

5
PT_2020_1014-05.png

6
PT_2020_1014-06.png

7
PT_2020_1014-07.png

8
PT_2020_1014-08.png

9
PT_2020_1014-09.png

10
PT_2020_1014-10.png

11 良い寝返り動作

支持面が連続性を保っていること

胸郭と骨盤を転がすために頭部・上肢・下肢が重さを提供できていること

各身体部位が適切な筋緊張で連結し、滑らかに転がっていること

12 寝返り動作パターン

屈曲・回旋パターン
→頸部の屈曲・回旋が始まり、上部体幹から下部体幹へ回旋運動が伝わる

伸展・回旋パターン
→頸部、体幹を伸展しながら、骨盤帯の回旋から 始まり、上部体幹から頸部へ回旋運動が伝わる

ほとんどが体幹を屈曲させての屈曲・回旋パターン

13 寝返り動作の相分け

1相:頸部の動きと肩甲帯の前方突出とリーチが起きるまで

2相:上部体幹が回旋を始め、上側になる肩が下側になる肩の上に配列されるまで

3相:下部体幹が回旋を始め、側臥位まで

14
PT_2020_1014-14.png

15 寝返り動作を実行する重要なポイント

支持基底面を縮小させる

重心を上方へ移動させる

回転力を得る

【次回に続く】
問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。