最新情報

< ニュース一覧

『日本経済新聞』に掲載

『日本経済新聞』2019年3月6日号にケアプラスの訪問マッサージが
紹介されました。千葉の山本施術師のサービスに記者の方が同行して取材し、
特集記事となりました。
記事はこちら(日経のページに飛びます)からご覧頂けます。

詳細は、以下の資料(jpg)をご参照ください。

『日本経済新聞』に掲載記事jpg

※以下、記事の一部をご紹介します。

「訪問マッサージで身体機能維持 自宅で訓練、寝たきり防ぐ 保険適用、利用しやすく 」


自宅や施設でマッサージの施術を受ける医療保険適用の
「訪問マッサージ」の活用が注目を集めている。

体にまひや痛みがあり自力で通院できない患者は、
リハビリ不足で身体機能が衰えて寝たきりになりやすい。
施術師らは「不安なく在宅療養を続けるために役立ててほしい」と話す。


脳出血の後遺症でまひがある男性の自宅で訪問マッサージを行う山本伸夫さん(千葉市)


「さあ、5秒間立ちましょう」「今日はずいぶん動きがいいですね」。
2月下旬、千葉市の民家で施術師の山本伸夫さん(42)が、
この家に住む男性(76)に声をかけながらマッサージを続けた。
男性は15年前に脳出血で倒れ、右半身のまひと言語障害が残り、自宅で妻(73)が介護を担う。


血圧測定から始まり、こわばった筋肉を緩める手技のほか、
ベッドから立ち上がる練習や、車いすを乗り降りする
訓練まで間断なく約30分間行う。一通りのメニューを終えると、
男性は疲れをにじませながらも満足そうな笑顔を浮かべた。


山本さんを派遣するのは綜合警備保障(ALSOK)グループで
訪問医療マッサージを提供するケアプラス(東京)。

男性は病院を出て自宅介護が始まった時、
ケアマネジャーから訪問マッサージをすすめられ、
これまで週1回のペースで約14年間利用を続けている。
医師の同意書に基づき健康保険治療が認められ、費用は1回数百円で済む。


妻によると、退院後は寝返りも打てずほぼ寝たきりだったが、
訪問する施術師のアドバイスを基に毎日リハビリを重ねた。
今では自力で車いすに乗り、日中は体を起こして座位で過ごす時間が長いという。
妻は「訪問してもらう日は体を動かすので疲れてぐっすり眠れている」と話す。


このように自宅にいながら保険適用での訪問マッサージを利用する患者が増えている。
「筋まひ」「関節拘縮」といった症状の治療が対象で、
脳血管疾患や骨折の後遺症のある人のほか、
変形性関節症やパーキンソン病、小児脳性まひなどで治療を受ける患者もいる。
介護保険と併用できるため、高齢者の利用が多いという。