開催レポート

< 開催レポート一覧

20210120-04「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2021年1月20日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 ADLとIADL
2 歩行観察
3 歩行周期
4 歩行中の重心移動
5 イニシャルコンタクト
6 ICのチェックポイント:踵から接地ができているか?
7 ICのチェックポイント:大殿筋の収縮が得られているか?
8 ローディングレスポンス
(Loading response:LR)(荷重応答期)
9 LRのチェックポイント:ヒールロッカーがうまく機能できている?
10 LRのチェックポイント:軽度の膝関節屈曲が見られるか?
11 ミッドスタンス
(Mid stance:Mst)(立脚中期)
12 Mstのチェックポイント:アンクルロッカーが機能できてる?
13 背屈制限によりどんな歩行になるでしょうか?
14 背屈制限による異常現象
15 Mstのチェックポイント:重心が最上位まで持ち上げられているか?
16 Mstのチェックポイント:体幹と骨盤は真っすぐ?
17 ターミナルスタンス
18 膝関節伸展位でフォアフットロッカーが機能されているか?
19 プレスウィング
(pre-swing:Psw)(前遊脚期)
20 Pswのチェックポイント:股関節がしっかり伸展できているか?
21 イニシャルスイング
(Initial-swing:Isw)(遊脚初期)
22 ミッドスイング
(Mid-swing:Msw)(遊脚中期)
23 ターミナルスイング
( Terminal-swing:Tsw)(遊脚終期)
24 トレンデレンブルグ歩行の原因は中殿筋筋力低下だけ??
25 脳血管障害患者の歩行と健常人の歩行の違い
26 歩行中の重心移動
27 CVA患者の歩行周期における床反力
28 脳卒中片麻痺患者の歩行観察
29 機能(構造)障害・活動制限の関連付け作業:■歩行
30 治療に至るまでのフロー:
31 次回予告


PT_2021_0120_top.png

25

PT_2021_0120-25.png

26   

PT_2021_0120-26.png

27  

 CVA患者の歩行周期における床反力

・健常者に見られる床反力の2峰性が見られない。

・特に麻痺側における床反力の立ち上がりが遅い。

・わずかな時間しか体重を支えていないことが分かる。

・床反力の進行方向成分、左右方向成分が麻痺側、非麻痺側ともに小さい。

   
   麻痺側、非麻痺側へ交互に体重を乗せながら歩行している

28

PT_2021_0120-28.png   

29

PT_2021_0120-29.png   

30   

   治療に至るまでのフロー:


 【STEP1 病態の把握と動作の予測作業】

  1)脳血管障害の部位とそれに対応する症候・症状を大まかに整理する。

  2)麻痺側の障害の程度と動作との関連性を予測する。

  3)非麻痺側の機能も含め、患者の潜在能力(残存機能)を把握する。

  4)二次的な合併症を把握し、動作との関連性について予測する。


  1)〜4)はできているか?

   NO→1)からやり直し
   YES→次のステップへ


 【STEP2 動作の大まかな観察作業(気づきの作業)】

  5)寝返り、起き上がり立ち上がり、歩行までの基本動作パターンに
   着目する(支持基底面と重心の変化)。

  6)対称性(左右差)、スピード、運動の連続性、バランス、安定性、
   代償の有無(どこで代償するか)を観察する。

  7)正常動作との比較作業を行う。

  8)姿勢・動作の模倣を行う。


  5)〜8)はできているか?

   NO→5)からやり直し
   YES→つぎのステップへ


 【STEP3 動作の細かな観察作業】

  9)3方面(前額面・矢状面・水平面)より観察する。

  10)背臥位、寝返り、座位立ち上がり、立位、歩行動作における頭頸部、
   上肢体幹(骨盤帯を含む)、下肢の相互関係を観察する。

  11)操作、誘導を加えて患者の反応(適切な関節運動、筋緊張など)を確認する。

  12)動作の模倣を再度行う。

  13)背臥位の観察作業として9)〜12)を行う。

  14)寝返りの観察作業として9)〜12)を行う。

  15)座位の観察作業として9)〜12)を行う。

  16)立ち上がりの観察作業として9)〜12)を行う。

  17)立位の観察作業として9)〜12)を行う。

  18)歩行の観察作業として9)〜12)を行う。


  9)〜18)はできているか?

   NO→9)からやり直し
   YES→つぎのステップへ


 【STEP4 機能(構造)障害・活動制限の抽出作業】

  19)機能(構造)障害を挙げる。

  20)姿勢・動作時の活動制限を挙げる。


  19)〜20)はできているか?

   NO→19)からやり直し
   YES→つぎのステップへ


 【STEP5 機能(構造)障害・活動制限の関連付け作業】

  21)STEP4で挙げた機能(構造)障害と活動制限との関連付けを行う。

  22)他の要因も考慮しながら、機能(構造)障害と活動制限の原因を明確にする。


  21)〜22)はできているか?

   NO→21)からやり直し
   YES→つぎのステップへ


 【STEP6 治療への展開】

  23)STEP4・5で挙げた機能(構造)障害と活動制限に対するスタンダードな治療を展開する。


  23)はできているか?

   NO→23)やり直し
   YES→終了

31

PT_2021_0120-31.png


問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。