開催レポート

< 開催レポート一覧

20210120-03「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」

講師:㈱ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回の講義内容:「廃用症候群の姿勢・動作リハビリ」 2021年1月20日
講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

今回も、大勢の方に参加いただき充実した会となりました。
ご参加の皆様、「理学療法WEBセミナー」を熱心に受講していただき、誠にありがとうございました。
竹内先生、分かり易く熱意あるご講義をありがとうございました。
セミナーの概要については以下をご参照ください。

WEBセミナーイラスト111.png

目次

1 ADLとIADL
2 歩行観察
3 歩行周期
4 歩行中の重心移動
5 イニシャルコンタクト
6 ICのチェックポイント:踵から接地ができているか?
7 ICのチェックポイント:大殿筋の収縮が得られているか?
8 ローディングレスポンス
(Loading response:LR)(荷重応答期)
9 LRのチェックポイント:ヒールロッカーがうまく機能できている?
10 LRのチェックポイント:軽度の膝関節屈曲が見られるか?
11 ミッドスタンス
(Mid stance:Mst)(立脚中期)
12 Mstのチェックポイント:アンクルロッカーが機能できてる?
13 背屈制限によりどんな歩行になるでしょうか?
14 背屈制限による異常現象
15 Mstのチェックポイント:重心が最上位まで持ち上げられているか?
16 Mstのチェックポイント:体幹と骨盤は真っすぐ?
17 ターミナルスタンス
18 膝関節伸展位でフォアフットロッカーが機能されているか?
19 プレスウィング
(pre-swing:Psw)(前遊脚期)
20 Pswのチェックポイント:股関節がしっかり伸展できているか?
21 イニシャルスイング
(Initial-swing:Isw)(遊脚初期)
22 ミッドスイング
(Mid-swing:Msw)(遊脚中期)
23 ターミナルスイング
( Terminal-swing:Tsw)(遊脚終期)
24 トレンデレンブルグ歩行の原因は中殿筋筋力低下だけ??

25 脳血管障害患者の歩行と健常人の歩行の違い
26 歩行中の重心移動
27 CVA患者の歩行周期における床反力
28 脳卒中片麻痺患者の歩行観察
29 機能(構造)障害・活動制限の関連付け作業:■歩行
30 治療に至るまでのフロー:
31 次回予告


PT_2021_0120_top.png

18   

PT_2021_0120-18.png

19   

PT_2021_0120-19.png

20

PT_2021_0120-20.png

21   

PT_2021_0120-21.png

22   

PT_2021_0120-22.png

23

  ターミナルスイング
  ( Terminal-swing:Tsw)(遊脚終期)

  ・始まり:観察している脚の下腿が床に対して 直角になった瞬間

  ・終わり:観察している脚が床に触れた瞬間
     (イニシャルコンタクト)

  この相の役割は、イニシャルコンタクトを迎える準備が重要となる

  このままでは、スウィングに加速がつきすぎてしまうため、

  下腿後面のハムストリングスが、遠心性収縮し、下肢を減速させる

  それにより、緩やかにイニシャルコンタクトで踵接地が可能となる


24  

  トレンデレンブルグ歩行の原因は、中殿筋筋力低下だけ??

   同側股関節外転可動域制限
   →

   対側股関節内転可動域制限
   →

   反対側への体幹側屈可動域制限
   →

   同側膝関節の外反
   →
   →


【次回に続く】

問題点の考察、機能評価、能力評価の方法、治療の方針と対策など
ケアプラスではより良質な訪問医療マッサージサービスが地域・社会に提供できるよう目指しております。