開催レポート

< 開催レポート一覧

大腿骨頚部骨折 B級(評価)[2018年2月度]関東理学療法セミナー

講師:(株)ケアプラス テクニカルアドバイザー 理学療法士 竹内先生

2018年2月18日に開催した「関東理学療法セミナー」にご参加の皆様、誠にありがとうございます。
今回は「大腿骨頚部骨折 B級(評価)」をテーマにした講義と実技を行ない、
約30名のあん摩マッサージ指圧師の方々にご参加いただきました。

セミナーの内容と感想は、以下をご参照下さい。

<内容>
● C級(病態)の復習
● 評価の概論(考え方)...機能障害Impairment(インペアメント)、能力障害Disability(ディスアビリティ)、社会的不利=Handicap(ハンディキャップ)
● 障害の大枠を把握するためには問診がとても重要
● 頚部骨折THA(全人工骨頭置換術)患者への問診について
  →脱臼肢位を把握するため、手術の傷は必ず説明と同意を得て、視診すること。
  なお禁忌肢位は、前側方アプローチは屈曲・内転・内旋。後側方アプローチは伸展・内転・外旋。
  →問診では、現病歴(どういうシチュエーションで転倒したか?手術の時期と術式、リハビリはどのようなことをおこなったか?)までヒアリングする
● 身体機能項目
  ①股関節の可動域
  ②MMT
  ③疼痛評価
  ④平衡機能評価
  ⑤歩行(量的...歩行距離、速度  質的...歩容、歩行補助具の選定)
  ⑥能力障害・ADL評価...バーセルインデックス

<感想>
障害がおこるメカニズムと、評価の重要性がわかった。
とくに維持期については、機能障害Impairment(インペアメント)レベルを見るよりも、能力障害Disability(ディスアビリティ)を見て、いかにADLを向上させるかが、大切であることがわかった。