職種別先輩インタビュー

求職者の皆さんへ、当社で働く先輩社員のインタビューをお届けします。施術師、相談員、サポートスタッフ。一人ひとりが社内において重要な役割を担い、仕事もプライベートも活き活きと楽しんでいることがおわかりいただけると思います。「医療・介護の分野において、高齢者や障がい者がより自立した生活を送るための付加価値を創造し、明るい地域・社会作りに貢献する」という同じ使命感を持ち、日々奮闘している先輩達の話しを通じて、実際の仕事内容、やりがいや難しさなどをご紹介します。

施術師

2014年入社

「まごころベルサービス」の最前線であり、核となるお仕事です。主に介護を必要とされている方(高齢者や障がい者)のご自宅、あるいはご入居の施設に訪問し、身体機能や精神機能の維持、向上などのQOL(Quality of Life=生活の質)の向上を目的として、担当ご利用者のお身体状態にあった「医療マッサージ」を提供します。担当する全てのご利用者から「真のありがとう」をいただけるような満足度の高いサービスの提供を使命としています。教育体制(セミナー・勉強会等)は整っていますので、常に知識や技術力の向上が必要であり、そういった意欲の高い方が適しています。

先輩の話を聞く >

相談員

2014年入社

訪問マッサージのサービスについて介護事業所のケアマネジャーなどにご案内するお仕事です。医療・介護の現場においては知名度が高く、どんどんニーズも高まっているサービスなので、「営業」を手がけるというよりも、サービスの詳細やご利用方法を「説明」するイメージです。また、まごころベルサービスの利用をご希望される方と施術師とをマッチングしたり、実際にサービスをご利用いただいている方やそのご家族、担当施術師などのフォローも大切なお仕事です。「人に喜ばれる仕事がしたい」「人と接する仕事がしたい」という方が適しています。

先輩の話を聞く >

サポートスタッフ

2015年入社

当社が提供する「まごころベルサービス」は健康保険適用の訪問マッサージです。サポートスタッフの業務は、専用ソフトを使った健康保険請求の事務手続きや電話応対、施術師や相談員など外勤社員への連絡など、各営業所での一連の事務や営業所内の迅速な情報共有、円滑なコミュニケーションの核となるお仕事です。入社してからきちんと教育指導を行ないますので、医療事務の資格は不要です。事務作業の正確性と、明るい挨拶や応対で職場に活気をもたらし、みんなが話しやすいムードメーカーとなれる方が適しています。

先輩の話を聞く >