代表からのメッセージ

私たちには、この国の未来を明るくする力がある。

2015年6月 株式会社ケアプラス 代表取締役社長 山下 寿朗

世界一の高齢社会 “JAPAN”

現代の日本社会は、世界のどの国も経験したことがないスピードで高齢化が進み、これから高齢者になっていく人々の老後の不安や若者(いわゆる、現役世代)の負担増が深刻な課題となっています。
日本の総人口は、現在の約1億2700万人から減少の一途をたどり、2060年には9000万人を下回る社会(うち、高齢者は3460万人で高齢化率約40%=国民の2.5人に1人が高齢者)が到来すると言われています。この人口水準は、おおよそ65年前の1950年(昭和25年)頃と同じくらいですが、その当時の高齢化率は5%以下であり、働ける現役世代や将来が期待された子供たちが95%以上を占める社会でした。私が初めて社会人となった20年前頃と比較しても、現役世代の社会保障負担に対する所得比は2倍近くなっています。

“老後の暮らしやすさ”と“若者の社会保障負担軽減”による安心社会を目指して

私たちは、障がいを抱えられている高齢者等への補完医療サービスや医療・介護サービスの充実化を通じて、高齢者の安心な暮らしに貢献しつつ、より安く・より充実した社会保障サービスを開発し、社会保障費の節減を常に意識しながら仕事をしており、現役世代の社会保障負担抑制に寄与する事で、高齢者も若者も、全ての国民が安心して暮らせる地域・社会づくりを目指しています。

若者(現役世代)一人ひとりの高い生産性が明るい未来の鍵

高度経済成長期など、皆さまの祖父母やご両親がお若かった頃からは様々な変化が生じ、現代は、たくさんの時間働くなど、時間をかけて頑張れば豊かな暮らしや人生を獲得できる時代ではなくなりました。
言い換えると、これからの日本は、現役世代である若者一人ひとりの労働力がより貴重となり、あなた一人の力が、より社会のために必要とされる時代の到来とも言えます。
私は、九州で生まれ育ち、初めて社会人になったのは、1995年のバブル崩壊直後でした。当時はファッショナブルな事に興味があり、まず美容師の職業を選択しましたが、その後21才で上京し、IT業界・出版業界などを経験し、がむしゃらに仕事をこなしているうちに今の業界に辿り着いたので、最初から今のような志を掲げていたわけではありませんでした。今では社会的使命度も高く、やりがいを持って出来る仕事に出会えた事にとても感謝しています。
この目まぐるしく変化する時代の中で、私たちのヴィジョンに共感し、一緒に日本の明るい未来づくりを実現したいと思ってくださる方は、ぜひ当社へご応募ください。
皆さまと共に、志高く、そして何より明るく楽しく仕事が出来ることを心待ちにしております。

施術師を目指す方に

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格を活かした仕事は、「治療院系」「スポーツ系」「美容・エステ系」「病院系」「介護施設系」「出張系(ホテル・旅館)」、そして訪問マッサージの「在宅系」など、たくさんの選択肢があります。

中でも「訪問マッサージ(在宅系)」は、高齢化が進んだ現代社会において、年々ニーズが高まっており、特に介護保険制度が施行された2000年以降は、国民に欠かせないサービスになりつつあります。また、他の選択肢と比較すると、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 患者(お客様)が少ないという事態に陥るリスクが低く、仕事が安定しやすい
  • 営業にとらわれる必要が無いため、手技の技能向上に集中しやすい
  • 単に慰安でなく、国家資格者として医療類似行為の経験がしやすい
  • 患者の日常生活に密着した環境で継続的な治療ができるため、顧客満足を直接確認する事が出来る

「自分は何のため(誰のため)に仕事をするのか?」「将来はどのような施術師になりたいのか?」「自分にとってのやりがいは何か?」など、様々な視点から考えた上で、ご自身の歩む道をお選びください。
私たち“ケアプラス”は、在宅系の仕事を経験したい施術師の皆さまからのご応募を、心よりお待ちしております。